さぬきストーリー・プロジェクト

新企画 さぬきストーリー・プロジェクト

香川県  たきちさん

投稿作品

No.88【腰痛】

笑える話 その他

20年くらい前から腰を痛めてる。冷房の効いた部屋で事務を続けると秋口になると痛み始める。
その年も痛みが激しくなったので、ある木曜日に掛かりつけの病院で治療を受ける。その時は良くなるが、翌日は飲み会・土曜日は会社当番のため治療に行けず、症状が悪化した。
日曜日の早朝、初めて夜間休日接骨院に行く。
他に患者がいない事、初めての接骨院で若干緊張する。
診療室に通され、木曜日に痛みで治療を受けたこと。持病になっていることなど、説明する。次の瞬間、先生より治療方針の説明を受ける。
先生『通院中との事なので、私は別の方法で治癒します。』
私『?』
先生『気功による治癒を行います。』
私『??』
おもむろに呼吸方法を調整し、手を私にかざす先生。
先生『どうですか?』
私『何も変わりませんが・・・』
先生『これはどうですか?』
私『何も変わりませんが・・・』

先生『おかしいですね。』
言うなり、足首をもち、左右にふり。少し左に足をおろす。
先生『ほら、気功で左足が伸びました。』
私(こころの声:それは足の置く位置を替えたからでしょ。素人の手品か!)
先生『以上で治療は終了です。時間が経てば痛みも引きます』
正規の治療費を請求され、傍線とした私は病院を後にした。
明日は、掛かりつけの病院でこの腰と心の治療をお願いする事とする。

前のストーリーへ

次のストーリーへ